Gmailアドレスの作り方

スポンサーリンク




Gmail

 Gmailとは、言わずと知れた、googleが提供する無料で使えるWebメールのことです。
無料で、しかも複数のメールアドレスを持つことが可能なので、メインで使うメールアドレスと、とりあえずの会員登録にだけ使う用の捨てアドレスなどを複数作って、用途に応じて使い分ける事が出来ます。

では、早速作ってみましょう。

新規Gmailアドレスの作り方

 PCからの場合スマホからの場合それぞれで、画面に沿って説明していますので、ご参照下さい。

PCからの場合

まず、googleの検索画面のTOP画面にアクセスします。
念の為、URLは以下です。
https://www.google.co.jp/

まだGmailのアカウントを持っていない、もしくは持っていてもログインしていない場合は、以下の様な画面になりますので、右上の「ログイン」をクリックして下さい。

Google1_edit

もし、既にGmailのアカウントでログインしている人は、画面右上の表示が以下の様になっていると思いますので、右端のアイコンをクリックして、ポップアップの「アカウントを追加」下さい。

Google_add_edit


前に誰かがログインしている場合などは以下の様な画面になりますが、気にせず「アカウントの追加」をクリックして下さい。
gmail_add02

ここまでの操作で、以下の画面になっていると思いますので、「アカウントを作成」をクリックして下さい。
gmail_add04


Googleアカウント作成画面から、必要な情報を入力します。

gmail_add_05_edit

画面の入力項目について

名前

 本名でなくても構いませんので、オフィシャルなものには本名、捨てアドには偽名などで使い分けてるといいと思います。

ユーザー名を選択

 メールアドレスの上位の部分です、使いたいアドレス名を入れて下さい。 

パスワードを作成

 パスワードを入れます。

パスワード再入力

 上と同じパスワードを入れます。

生年月日

 名前と同じく適当で問題ありませんが、一応メモしておきましょう。

性別

 適当で問題ありません。

携帯電話

 無しでも構いませんが、ちゃんと入れると二段階認証などセキュリティ強化できます。

現在のメールアドレス

 無しでも構いません。

ロボットによる登録出ないことを証明

 下のテキスト入力を入れるなら無しで問題ありません。

テキストを入力

 上部に書かれている文字を入力します。

国/地域

 国を選択します。

Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。

 利用規約に目を通してチェックボックスにチェックを入れます。

必要事項の入力が終われば「次のステップ」をクリックします。


ちゃんと登録できれば以下の画面になりますので、『Gmailに移動』をクリックして使用可能となります。
gmail_add_06_edit

スマホからの場合

まず、googleの検索画面のTOP画面にアクセスします。
念の為、URLは以下です。
https://www.google.co.jp/

まだGmailのアカウントを持っていない、もしくは持っていてもログインしていない場合は、以下の様な画面になりますので、右上の「ログイン」をタップして下さい。
gmai_sp_entry_01


下の画面に移動したら、『アカウントの作成』をタップすます。
gmail_sp_entry_02


アカウント作成画面に移動するので、必要事項を記載して最後に『次へ』をタップします。
gmail_sp_entry_03

画面の入力項目について

名前

 本名でなくても構いませんので、オフィシャルなものには本名、捨てアドには偽名などで使い分けてるといいと思います。

ユーザー名を選択

 メールアドレスの上位の部分です、使いたいアドレス名を入れて下さい。 

パスワードを作成

 パスワードを入れます。

パスワード再入力

 上と同じパスワードを入れます。

生年月日

 名前と同じく適当で問題ありませんが、一応メモしておきましょう。

性別

 適当で問題ありません。

携帯電話

 無しでも構いませんが、ちゃんと入れると二段階認証などセキュリティ強化できます。

現在のメールアドレス

 無しでも構いません。

ロボットによる登録出ないことを証明

 下のテキスト入力を入れるなら無しで問題ありません。

テキストを入力

 上部に書かれている文字を入力します。

国/地域

 国を選択します。

Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。

 利用規約に目を通してチェックボックスにチェックを入れます。

必要事項の入力が終われば『次へ』をタップします。


ちゃんと登録できれば以下の画面になりますので、『開始する』をタップして使用可能となります。
gmail_sp_entry_04

まとめ

 Gmailってすごく簡単に作れますよね。
しかも、複数のメールアドレスを持つことも可能なので、必要な場合は積極的に利用しちゃいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする